投資をスタートするなら一棟売りアパートがピッタリ

硬貨

資産形成の二つの方法

アパート

資産形成の目的で投資用マンションを購入する時は、家賃収入と売却益の二つを利用することができます。家賃収入は賃貸経営によって継続的に手に入れられるのが魅力です。売却益は需要の増加が見込まれる地域での購入により生まれることがあるため、物件選びの際には将来的な変化を考慮しておきましょう。

手軽に始められる投資

つみ木とお金

不動産投資は少額からでも始める事が出来る商品として近年高い人気を集める様になりました。投資信託から、REIT等多種多様に展開される商品から希望の商品を選び、将来へ向けた資産形成を始めてみてはいかがでしょうか。

滞納の心配なし

Real estate

家賃の滞納があると督促をしなくてはいけませんが、この督促業務が面倒という家主は少なくありません。滞納者が多ければ収入も大幅に減ってしまいます。しかし家賃債務保証会社と契約すれば滞納者の代わりに家賃を返済してくれ、督促業務も行ってくれます。

適度な利益とリスク分散

マンション

バランスの良さ

バランスの良さが一棟売りアパートを投資物件として選ぶ方法の特筆すべき点です。一棟マンション、一戸建て、区分マンションなどのように居住用の物件として投資に活用できるものは何種類もあります。その中で利益とリスクの点からバランスが良いのが一棟売りアパートです。部屋の数と部屋あたりの賃料が収入の最大値を決めることになりますが、区分マンションや一戸建てに比べると部屋の数は多く、一棟マンション比べると少ないのが一般的でしょう。部屋の賃料は同じ地域で同じような間取りであればマンションや一戸建てに比べると低めになります。この兼ね合いを考えると収入の最大値では一棟マンションには劣ることになりますが、区分マンションや一戸建てよりは収入に期待できるとわかるでしょう。一方、リスク面で考えると部屋の数が複数になっているので空室リスクを分散させることができます。一部屋が空室になっても収入が大きく減少してしまう心配がなく、収入の増減が大きな悩みになってしまう心配がありません。一棟売りアパートとこの点で同じメリットを持っているのは一棟マンション程度でしょう。適度な利益を生みつつ、リスク分散もできるのが一棟売りアパートですが、購入価格で見ると一棟マンションよりも安いのも特徴です。収入とリスクの点でマンションの方が勝るとも劣らないのは確かですが、購入価格については一棟売りアパートに軍配が上がることから投資物件として手を出しやすくなっています。