投資をスタートするなら一棟売りアパートがピッタリ

レディ

滞納の心配なし

Real estate

督促の苦労もなくなる

家賃の滞納があると早く振り込んでもらえるように督促をしなくてはいけませんが、これが面倒で嫌だという家主は少なくありません。居留守をつかわれたり、口では支払うと言いながら振り込まない入居者も中にはいます。滞納する入居者が多くなれば収入が大幅に減ってくるため、建物のメンテナンスにかける費用が捻出できなくなることもあります。家賃債務保証会社と契約しておけば、こういった事態を避けることができます。家賃債務保証会社は入居希望者に支払い能力があるか審査を行い、契約の際に入居者から保証料を受け取ります。そして滞納があればその保証料の中から家主に家賃を支払います。家主は家賃債務保証会社と契約しておくだけで、何もしなくても毎月の家賃が保証され督促もする必要がなくなります。督促は家賃債務保証会社の方で行い、もしも滞納が長く続くようなら部屋の明け渡し交渉も行ってくれます。入居者が出ていったあとの部屋の原状回復も保証料からカバーされるので、家主は費用負担をする必要がありません。家賃債務保証会社を利用するメリットはもう1つあります。それは連帯保証人が不要になることです。連帯保証人を探すのが大変だという人は意外と多いものです。家族と疎遠だとか、家族がいても年齢や収入の条件が満たせないので連帯保証人になれないということも少なくありません。家賃債務保証会社が連帯保証人の代わりになるため、入居者を集めやすくなります。